TGS Updates
SQUARE ENIX、PlatinumGames Inc. の豪華講師陣がAsia Pacific Game Summitに登場!
〔2020-01-23〕

台北市コンピューター協会主催のAPGS(アジア太平洋ゲームサミット)が2月6・7日の日程で台北南港展覧館ホールにて開催されます。今年は「ゲーム開発」、「運営及びマーケティング」、「eスポーツ」、「AR/VR」、「インディーゲーム」、「テクノロジーのトレンド」の6大テーマの講演が繰り広げられます。世界的大手企業であるスクウェア・エニックス、プラチナゲームズ、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、さらに11カ国のインディーゲーム開発チームによるゲーム市場についてのスピーチが行われます。中、英、日、韓等の言語で同時通訳サービスもあります。

プラチナゲームズ株式会社からは取締役チーフクリエイティブオフィサーの稲葉 敦志氏、取締役チーフゲームデザイナーの神谷 英樹氏、株式会社スクウェア・エニックスの専務取締役橋本 真司氏、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社代表取締役社長CEOの森下 一喜氏が日本におけるゲームマーケティング戦略や経験を語られます。また、AR/VR/Xの領域ではARPLANET、WOWWOW LAB、LinkedBrainがテクノロジーエンタテインメントの講師たちが素晴らしい内容を聴衆にお届けします。他はBANDAI NAMCO Entertainment Taiwan Ltd.、DMM GAMES、FSN ASIA、QooAppなどの世界的企業からの講師も登壇します。

インディーゲーム開発者向けに設けられた「INDIE SALON」では、ゲーム収益、美術、音楽、脚本、海外展開戦略等についての講演もあります。講師陣はBrace Yourself Games(カナダ)、Motion Twin(フランス)、Imba Interactive Pte.Ltd.(シンガポール)、Devespresso Games(韓国)、Ichigoichie(スイス)、Metronomik(マレーシア)、Momo-Pi(スイス)、Muse Games(アメリカ)、Kebol Games(フィリピン)、Tricore(日本)の他、台湾開発チームであるSick Games、Toii、Gamtropyも登場します。