TGSについて

台北市コンピュータ協会が主催した「台北ゲームショウ」は2003年から、何千人の観客から全国数万のプレイヤーは毎年必ず訪ねる聖地となった。私たちはゲーム産業の成長を見守ってきて、産業とともに創立のつらさを歩き、環境変化の衝撃を乗り越えて、さらに激しい競争の国際に居場所を見つけた。 台湾唯一のゲームショウとして、私たちは困難に負けず、常に最前線を駆け抜けて、2021年、台北ゲームショウは初めてオンラインとオフライン両方同時開催の形で行われ、世界中のゲーム愛好家の皆様に新しいエンターテインメントを提供する。

Asia Pacific Game Summit (APGS)

業者間の交流を促進するため、APGSアジア太平洋ゲームサミットは毎年年始にフォーラムを開催し、年中不定期に交流イベントも開催する。2014年以来、アジア太平洋ゲームサミットは約200回の講演会を開催し、世界中から10,000名を超えるビジネス客が集まった。2016年と2017年はさらに日本東京へ進出し、台湾と日本のゲームメーカーを集めての開催を実現した。そして、インディーゲーム向けの「INDIE SALON」は、世界中に最もクリエイティブなゲーム開発者たちを誘い、開発経験や成果の交流の場を作り、優秀なインディーゲームを世界を舞台に披露させた。2021年にもAPGS ONLINEを企画し、時間と場所の制限を外し、最新情報を世界と共有する。

B2B ZONE

ビジネスゾーンはゲーム業界のビジネス連携プラットフォームで、「B2B Zone」與「Indie House」に分けられ、前者の出展社の業種はゲームデベロッパー、パブリッシャー、デジタルメディアセールスなどがメインで、Indie Houseはインディーゲーム開発チームの展示場を提供する。ビジネスゾーンでは、異業種のメーカーやゲーム開発チームにビジネスマッチングサービスを提供し、3000回超えのミーティングを達成した。2020年はさらに「Taipei Game Show LINK Biz-Matching 2.0」機能を開始し、世界中のゲーム業界関連者が24時間365日、いつでもオンラインで新しいビジネスチャンスを求める環境を構築した。

B2C ZONE

まるでカーニバルのように内容豊かなB2Cゾーンは毎年沢山のプレーヤーが集まる。出展期間にコンソールゲーム、PCゲーム、モバイルゲーム及びVR(仮想現実)ゲームなどの大手各社は、会場で最新情報を展示し、様々なステージイベントを開催し、プレーヤーとの距離を縮めた。それだけでなく、人気eスポーツブランドの周辺商品及びゲームグッズ販売も揃っている。

大会には「Indie House」及び「テーブルゲームワンダーランド」2つの特設エリアもあり、前者はインディーゲーム開発チームとの交流の場を設け、後者は親子でわいわいできるまるで遊園地的な場を作った。会場で開催される多くのイベントは来場者から好評を博し、見逃せないポイントの一つである。また、台北ゲームショウのオンライン番組も同時放送され、プレーヤーの皆様に新しいエンターテインメントを提供していく。